再生可能エネルギーを普及させること更には技術開発を促進させることを目的とした助成政策の1つ。
省エネで発電された電力を電力会社が一定期間、固定の価格で買取することを義務付けられています。
この制度の略称をFITと言います。
買い取り期間は10kW未満の太陽光発電でであれば10年間、10kW以上の太陽光発電であれば20年間と定められています。
買い取り単価は毎年見直され年々下降していっているため、早めに導入したほうが得する仕組みです。
期間中は買い取りが保証されていますが、期間を過ぎた場合はどうなるのか?と疑問を持たれる人は少なくありません。
制度で定めた期間を過ぎれば電力会社などの電気事業者は電力を買い取る義務がなくなります。
しかしそれでは発電したCO2排出量がゼロの電力を無駄にしてしまうことになります。
ですから期間経過後は11円/kWh前後で買い取るのではないかと言われています。
10年後20年後も買い取り自体が無くなる可能性は低いとは言えで、制度で定められている高単価での買い取りが継続される可能性は低いでしょう。
実際に買取価格の答えが出るのはFITが制定されてから10年目になる2022年辺りと見て良さそうです。詳しくはコチラ