Category: 未分類

FIT(FEED-INTARIFF)って何?

再生可能エネルギーを普及させること更には技術開発を促進させることを目的とした助成政策の1つ。
省エネで発電された電力を電力会社が一定期間、固定の価格で買取することを義務付けられています。
この制度の略称をFITと言います。
買い取り期間は10kW未満の太陽光発電でであれば10年間、10kW以上の太陽光発電であれば20年間と定められています。
買い取り単価は毎年見直され年々下降していっているため、早めに導入したほうが得する仕組みです。
期間中は買い取りが保証されていますが、期間を過ぎた場合はどうなるのか?と疑問を持たれる人は少なくありません。
制度で定めた期間を過ぎれば電力会社などの電気事業者は電力を買い取る義務がなくなります。
しかしそれでは発電したCO2排出量がゼロの電力を無駄にしてしまうことになります。
ですから期間経過後は11円/kWh前後で買い取るのではないかと言われています。
10年後20年後も買い取り自体が無くなる可能性は低いとは言えで、制度で定められている高単価での買い取りが継続される可能性は低いでしょう。
実際に買取価格の答えが出るのはFITが制定されてから10年目になる2022年辺りと見て良さそうです。詳しくはコチラ

碍子って何?

送電線からの高圧電流が鉄塔に流れ込まないようにせき止める働きをするのが碍子です。
鉄塔と電線の間にある渦巻状の丸い物体を一度は見たことがあるかと思いますが、あれが碍子です。
電気は発電所や変電所から電線を伝って流れてきますが、途中途中で鉄塔や電柱によって電線は支えられています。
しかし電線が直接的につながっていると高圧電流が鉄塔はもちろん地表にも流れ込んでしまいます。
そこで碍子を取り付けることで電気が漏れないよう絶縁し次の電線へと電気を伝えています。
碍子はセラミックスからできています。
セラミックスは絶縁性能と強度に非常に優れており、太陽光や温度変化に対しても劣化が少ないという特徴があります。
しかしいくら絶縁性能が優れているとはいえ、碍子一つだけでは十分に絶縁できないので、数十個の碍子を列になって取り付けます。
雷が落ちると高い電圧がかかり大電流が発生しますので碍子が損傷する場合もあります。
それを防ぐために両端にはアークホーンを取り付けており、これにより大きな電流が流れても両羽橋に電力を流してくれるのです。
碍子と言っても様々な種類があり、一般的に使用されているのは笠に似た形で裏側がヒダになった懸垂碍子。
金属の棒に傘状の絶縁体磁気がついたピン碍子、円柱状になっている片方の絶縁体に電線支持用の電線クランプが付いているのがラインポスト碍子です。http://土地付きの太陽光発電.jp/

温度ヒューズって何?

温度ヒューズとは加熱保護部品の1つです。
電気機器の回路がショートしたり故障すると過電流が生じ機器が発熱を起こします。
温度ヒューズは機器の発熱を完治し回路を遮断する役目を担っています。
サーモスタットや正特性サーミスタなども加熱保護部品として用いられています。
サーモスタットや正特性サーミスタは機器の発熱の原因の除去と温度が正常値に戻ることで機能が復帰します。
しかし温度ヒューズは火災に至る可能性のある重大な事故を確実に防止する目的で使用される言わば最終安全部品としての位置づけであるため動作後の復帰はありません。
電流ヒューズと同じ役割を果たしますが、温度ヒューズと電流ヒューズは作動形態が違います。
電流ヒューズは過電流による自己発熱を利用しますが、温度ヒューズは自己発熱ではなく周囲の温度が上昇することで可溶体が溶断します。
僅かな電流の増加であっても機器の急激な温度上昇はありますので電流ヒューズでは保護できない範囲の電流も温度ヒューズなら保護が可能です。
一般消費者では電流ヒューズの取り換えはあっても温度ヒューズの取り換えはめったにありませんので馴染みが薄いですが、
非常に重要な働きをするため機器の過熱保護には欠かすことが出来ないものなのです。42円はコチラ

分電盤って何?どんな仕組みなの?

分電盤とはサービスブレーカー・漏電ブレーカー・安全ブレーカーといった制御装置を収容した金属製又はプラスチック製の収容箱のことです。
主に電気の容量チェックや屋内配線の安全を確保するための役目を担っています。
より分かりやすく言うと、決められた範囲内で電気が使用されているかを監視する、もう1つは漏電していないかを監視する役目ということです。
サービスブレーカーはアンペアブレーカーやリミッタとも呼ばれます。
電力会社との契約で取り付けられる装置です。
サービスブレーカーは契約電流以上の電流が流れた場合に、自動的に電気を遮断する役目があります。
漏電ブレーカーは漏電によって引き起こされる感電や火災などの事故防止の為に、万が一漏電した際にスイッチを自動的に切れるようになっています。
安全ブレーカーは配線用遮断器とも言います。
電気は各部屋に分岐されておりそれぞれに遮断機が備わっています。
例えばキッチンにて電気器具を使いすぎたりショートなど異常が生じると、キッチン専用の回路は自動的にスイッチが切れキッチンでは一時的に電気が使えなくなり、スイッチを入れれば再度電気を使用することが出来るようになります。分譲太陽光発電の投資について